とくとくBBを途中で解約 キャッシュバックと月割どっちが損する?

2019年3月18日

とくとくBBの解約金ってキャッシュバックプランと月額割引プランの2パターンあるって知ってた?

WiMAXのプロバイダ、とくとくBBには「キャッシュバックプラン」と、キャッシュバックが受け取れない代わりに月々の料金が安くなる「月額割引プラン」の2つがあります。

意外と皆さんはこの違いが分かっていない人が多いのではないでしょうか?

検索サイトに出てくるとくとくBBの紹介サイトでも、キャッシュバックプランばっかり紹介していて、月額割引プランのことをまったく書いていない変なサイトも多いです。

キャッシュバックプランと月額割引プランでは、契約期間中に解約した時の違約金の金額も変わってきます。

上の文章がキャッシュバックプラン、下の文章が月額割引プラン。25ヶ月目までで、解約金の金額が大きく違います。
2018年までは2年契約が主流でしたが、今は3年契約が主流。

後で詳しく説明しますが、簡単に言うと、24ヶ月以内で解約した場合、キャッシュバックプランのほうが月額割引プランよりも5000円~10000円以上多く違約金が取られます。

この記事では、3年契約したとくとくBBのWiMAXを「途中で解約したくなった」場合、「キャッシュバックプラン」と「月額割引プラン」のどちらが損をするのか?を検証しようと思います。

ちなみに、ギガ放題で最新モバイルルーター(W06)を選んだ場合で考えます。

まずは、キャッシュバックプランと月額割引プランを3年間(36ヶ月)、ずっと使い続けた場合はどちらがお得なのか、計算してみます。

とくとくBBでギガ放題 最新機種(W06)で契約満了(3年間)使った場合

キャッシュバックプラン 3年間利用した場合の料金詳細

キャッシュバックプランの料金
最新モバイルルーターだと31100円のキャッシュバックになっています。(※2019年3月18日現在。時期によって金額が変わります)
  • 月額料金総額=152160円
  • 初期費用(事務手数料)=3000円
  • キャッシュバック(W06)=31100円

155160円ー31100円=124060円

124060÷36=3446円(←キャッシュバックプランを3年間利用した場合の実質月額料金)

月額割引プラン 3年間利用した場合の料金詳細

月額割引プランの料金
ちなみに今は月額割引プランでも5000円のキャッシュバックが行われていますね。
  • 月額料金総額=122660円
  • 初期費用(事務手数料)=3000円
  • キャッシュバック=5000円

125660円ー5000円=120660円

120660円÷36=3351円(←月額割引プランを3年間利用した場合の実質月額料金)

途中で解約しない場合は月額割引プランを利用したほうがお得

3年間解約しないなら月額割引プランがオススメ。

というわけで、3年間解約せずにしっかりとくとくBBを使った場合、月々の実質支払料金は、

  • キャッシュバックプラン=3446円
  • 月額割引プラン=3351円

となり、3年間解約せずにとくとくBB WiMAX 2+を利用した場合は、「月額割引プラン」のほうが、月々95円お得になります。

それでは、事情があって、とくとくBBのWiMAXを途中で解約してしまった場合は、どちらのほうが損をしてしまうのでしょうか?

月額割引プランは、解約違約金が安くなる13ヶ月目で解約したと仮定します。

キャッシュバックプランのほうは、キャッシュバックをしっかり受け取ってから、13ヶ月目で解約したと仮定します。

こんな感じで、どっちが損をするのか?検証してみようと思います。

本題:WiMAXとくとくBBを13ヶ月で解約した場合、キャッシュバックと月額割引、どっちが損をする?

とくとくBBを13ヶ月で解約した場合で比較してみる。

キャッシュバックプランを約1年(13ヶ月)で解約した場合

キャッシュバックプランの解約違約金は24ヶ月目までは一律24800円、25ヶ月目から9500円
  • 月額料金総額=54111円(13ヶ月分)
  • 初期費用(事務手数料)=3000円
  • キャッシュバック(W06)=31100円
  • キャッシュバックプラン解約違約金(24ヶ月目まで同一)=24800円

57111円+24800円=81911円

81911円ー31100円=50811円

50811円÷13=3908円(キャッシュバックプランでキャッシュバックを受け取り、途中解約した場合の実質月額料金)

月額料金プランを13ヶ月で解約した場合

月額割引プランの解約違約金は12ヶ月目までは19000円、13~24ヶ月目までは14000円、25ヶ月目から9500円
  • 月額料金総額=42620円(13ヶ月分)
  • 初期費用(事務手数料)=3000円
  • キャッシュバック=5000円(現在キャンペーンがあったので)
  • 月額割引プラン解約違約金(13~24ヶ月目適用)=14000円(税込)

45620円+14000円=59620円

59620円ー5000円=54620円

54620円÷13=4201円(月額割引プランでキャッシュバックを受け取って、途中解約した場合の実質月額料金)

結論:途中で解約する場合は解約違約金が高くてもキャッシュバックプランのほうが良いかも?

私の計算では13ヶ月で解約した場合は、違約金が高くてもキャッシュバックのほうが損をしないという結論に達しました。

というわけで、13ヶ月でとくとくBBを解約した場合の、キャッシュバックプランと月額割引プランの月々の実質支払料金を比較してみると、

  • キャッシュバックプラン=3908円
  • 月額割引プラン=4201円

となり、13ヶ月でとくとくBBを解約した場合は、キャッシュバックプランのほうが、月々293円お得になります。

当たり前の話ですが、キャッシュバックプランは月額料金が高いので、解約する時期が伸びるほど月額割引プランとの差は埋まっていきます。

2018年の頃はWiMAXは2年契約が主流でしたが、2019年の今は3年契約縛りでWiMAXを契約するのが主流になっています。

なので、今後は途中で解約したいという人も増えるのではないかと予想します。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは!

※あくまでキャッシュバックをしっかり受け取った場合の話です。

※全て税抜きで計算しています。実際の請求金額はもう少し多いです。

3年利用できるか不透明な人はキャッシュバックプラン一択?

3年単位で考えると月額割引プランのほうが若干お得ですが、

やはり高額キャッシュバックは魅力的です。

万一、途中で解約することになった場合は、キャッシュバックプランのほうが損は少ないです。(※13ヶ月目の場合)

↓キャッシュバックプラン詳細はコチラ↓

最大37,100円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

3年しっかり利用するなら、とくとくBB 月額割引プランがお得!

月額割引プランはトータルで考えるとキャッシュバックプランよりも安くなります。

3年間確実にWiMAXを利用することが決まっているならこちらのほうが良いと思います。

しかも今は月額割引プランなのに、キャッシュバック付きで5000円も貰えますからね。

↓月額割引プランはコチラ↓

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!